Blog

ブログ

お見合いでお付き合いされた方へ|結婚までの期間をご紹介します

お役立ち情報

お見合いで運命の相手を探したい女性の皆さん、お見合いから結婚までのお付き合い期間は、どれくらいなのかをご存知でしょうか?
どれくらい付き合えば、相手の気持ちや相性を理解することができるのでしょうか。
短すぎても本当にこの人で良いのかが分からないし、長すぎても本当に相手が結婚の意思があるかどうかは分かりませんよね。
そこで今回のブログ記事では、お見合いで出会ってからお付き合い、結婚までのタイミングをご紹介します。

□お見合いから⇒プレ交際⇒真剣交際まで

お見合いでお互いに交際OKを出しますと、プレ交際が始まります。交際期間は基本3ヶ月です。3か月以内にこの人と結婚するかどうかを決めていきますが、決めきれない時は、双方同意であれば交際期間を6ヶ月まで延長出来ます。プレ交際から真剣交際に移行するのは、2か月くらいが目安だと思います。真剣交際に移行してから、3~4回目のデートでプロポーズされる方が多いようですね。お二人がいい雰囲気になってきましたら、カウンセラーが女性側にプロポーズを受けて頂けるかをヒヤリングしますので、安心してプロポーズして下さい。
プロポーズの時は夜景を見に行くなど、告白しやすいような場所を行先に選んだり、雰囲気づくりに努めたりするといいでしょう。

□プロポーズから結婚まで

プロポーズから結婚までは、大体半年以内が多いようです。
ここでおそらく本当の相性をしっかり見極めるのではないでしょうか。
恋愛結婚であるならば、この段階はもう少し長いのかも知れませんが、お互い結婚を前提にしているので、ここで間延びしてしまうと結婚の意思があるかどうかが分かりづらくなってしまいます。

□長すぎるお付き合い期間はNGです。

先ほども述べましたように、お互い結婚を前提にパートナーを探しているので、各段階の期間が長すぎるのは結婚の意思を疑ったり、疑われたりするのであまり好ましくありません。
目安としては、双方のご両親へのご挨拶から結婚まで行きつくのに半年くらいでしょうか。
とはいえ、お付き合いに関しては個人差がありますで、少し目安の期間が過ぎたからといって、すぐに焦る必要はありません。
女性から意思表示をそれとなくすると、男性も次の段階に誘いやすいので、男性任せにせずに様子を見ながら気持ちを伝えてみてください。

□最後に

今回は、お見合いの交際期間から結婚の目安をご説明しました。
告白やプロポーズは男性からするものだから、それに合わせていくしかないと考えてはいませんか?
女性からでも問題はありません。
今回ご紹介した期間よりも各ステップがあまりにも長引いているようでしたら、一度話してみたり気持ちを伝えてみたりすると良いのではないでしょうか。
この記事がその目安や参考になれば幸いです。
結婚相談所ルックフォーパートナーでは、結婚相手をお探しするプロがおり、交際期間の目安についても相談に乗っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


無料相談のお問い合わせ営業時間:11:00~20:00

080-8499-6366

問い合わせフォームへ